借り換えの手続きと諸費用

住宅ローンを借り換える際には、いくつかの手続きと諸費用が必要となります。金融会社毎に様々プランがあるだけでなく、金利にも特徴があり、それぞれの返済条件も変わってきますが、基本的な手続きは大体同じです。

借り換えを検討するにあたり、どのような手順が必要で、どのような費用が必要となるでしょうか。まず、新しい抵当権の設定を行い、以前の抵当権の抹消手続きが必要になります。また、金銭消費賃貸契約書のサインなどの諸手続が必要となります。それに応じた手続き費用を払います。その他に、各書類に貼り付ける印紙税も必要になるため、忘れずにカウントしておきましょう。尚、事務手数料、登録免許税、司法書士報酬なども初めて契約した時と同じように発生します。

もし、借り換えにおける保証料を少しでも低く抑えたいという方は、借り換えキャンペーンを利用するのが便利です。金融機関によっては、キャンペーンを利用することで手続きの保証料の値引きを行ったり、便宜を図ることができます。但し、通年で借り換えキャンペーンというわけではなく、期間限定の場合は、金利が下がったタイミングでキャンペーンが開始される場合があるため、積極的に調べてみましょう。

尚、正式な借り換え手続きは、審査が問題なく通ってからとなります。そのため、すぐに借り換えを行わずに、ある程度メリットが高い金融機関を複数選び、実際に足を運んでみることが大切です。複数の借り換えローン商品や返済シミュレーションを行い、現在と将来の収入計画に合った住宅ローンを見つけることが大切です。

関連エントリー

 
Copyright © 2011 住宅ローン金利.biz 【固定金利VS変動金利】. All rights reserved