住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローンを借り換える際には、いくつかのポイントがあります。少しでも有利に借り換えを実現するためには、どのような点がポイントがあるのでしょうか。

まず、借り換えを検討する際、手数料や利率の計算など色々と素人には分かりにくい話が出てきます。そのため、実際に借り換える際の金利を、どの程度に考えておけば良いか分からないのが現実です。そこで、一つのコツとして現在借入れている金利より1%以上金利が安い住宅ローンを選ぶようにしましょう。現状の金利がいつまで続くか分からないため、少しでも金利上昇リスクを抑えることができる住宅ローンに借り換えるようにしてみて下さい。

また、現在借入ている住宅ローンより、新しい住宅ローンの中でも条件が良い物を選びましょう。これにより、返済計画が立てやすくなりますし、将来的なライフイベントの変更や不測の事態に耐えることができるようになります。借り換えの目的や理由は様々ですが、返済条件面もしっかりと見直しておきましょう。

さらに、借り換えの一番のメリットは、何と言っても支払額軽減です。例えば、変動金利から固定金利に変えると、今後金利が上がる可能性を考えずに済む場合があります。特に、当面金利が上昇する局面の場合なら、そのメリットは大きくなります。金利にほとんど差がない住宅ローンの借り換えでも、返済総額を減らすことができる場合がありますので、支払い方法にもひと工夫を施してみて下さい。

関連エントリー

 
Copyright © 2011 住宅ローン金利.biz 【固定金利VS変動金利】. All rights reserved