借り換えに長期固定金利

住宅ローンの借り換えにおいて、長期固定金利に変更することでメリットを得る場合があります。例えば、今後収入が減りそうな場合、最初のうちだけ、住宅ローンの返済額を多くしておきます。その後、徐々に月々の負担額を減らす方法があります。特に、これから転職したり独立する方や、あるいは結婚や出産などで生活の変化がある方ほど、支払いにおける変動要素は小さいことが望ましいものです。だからこそ、考えてみたいのが、金利変動を考えることなく、ある一定期間同じ金額で返済する長期固定金利での借り換えがオススメなのです。

分かりやすい例として、子育て開始と前後して家を購入したケースを考えてみます。住宅ローン返済の前半期は、子どもの養育費の影響でローン返済以外の支出が大きくなります。そのため、収入と支出との見通しが不透明になってしまうため、少しでも安心して支払いを行いたいものです。特に、子供の成長に合わせて、養育費や貯蓄を増やしておきたい方は、金利変動に左右されずに長期固定で住宅ローンを返済しながら、しっかりと貯蓄を行うのが理想的です。

実際に借り換える固定期間としては、10年がオススメです。これは、子育てが一段落し、家計に余裕が出るまでの期間でもあります。10年固定金利型を選んだ後は、変動金利型と組み合わせた住宅ローンにすると、返済に自由度が生まれます。特に、子供が高校生前後になると、公立か私立かによって養育費が大きく変わりますので、すぐに資金が必要になる時ほど、住宅ローンもすぐに変動できる余地を残しておくべきです。尚、この方法は、子育てを行っている夫婦だけでなく、転職の予定がある人にもオススメのプランです。

関連エントリー

 
Copyright © 2011 住宅ローン金利.biz 【固定金利VS変動金利】. All rights reserved