つなぎ融資

住宅ローンを組む上で、大事になってくるのが「つなぎ融資」と呼ばれるものです。つなぎ融資は、住宅ローンの融資が実行されるまでの期間、様々な費用を立替えるために必要な資金を融通するために借りる融資のことです。実際には、つなぎ融資による資金で住宅の手付け金や建築の着手金を支払い、後から入ってくる住宅ローンの資金でつなぎ融資を返済します。

例えば、新築で家を建てる場合を考えてみましょう。すぐに住宅購入のために資金を準備することは不可能なため、友人や知人から借入れを行う場合があります。また、金融機関で融資をお願いしても、実行までに数日から数十日かかる場合があります。そこで、つなぎ融資を利用すれば、費用をすぐに準備出来るようになります。

実際につなぎ融資を受けるためには、住宅ローンの手続きとは別に契約を取り交わす必要がありますので、所定の手続きを行ったり、金利を支払う必要があります。実際の受け取りにあたっては、不動産会社が自分の代わりに直接受け取り、代金を払う前に登記を認めるという「代理受領」がお手軽です。これは、自分の口座を利用せずに資金移動できる利点があるため、安心して契約と資金移動を纏めて行うことが出来るからです。

尚、つなぎ融資はあくまでも一過性の資金繰りです。返済を短くすることで、無駄な利息を支払わずに返済総額を小さくすることがポイントです。特に、若いうちにマンションや住居を持ちたい方で、資金面に難がある方は検討する価値があるプランです。

関連エントリー

 
Copyright © 2011 住宅ローン金利.biz 【固定金利VS変動金利】. All rights reserved